管理栄養士の仕事口コミ

調理師と栄養士の違いは?、どっちの資格がおすすめ?現役調理師のリアルな現実

現役、調理師のリアル体験談。

調理師と栄養士、本当に使える資格はどっち?どちらの資格のほうが稼げるか?

調理師と栄養士の違いは?

教えていただきました。

大量調理する職場(病院・学校・福祉施設)のリアル

栄養士、給食調理師にとってメインの仕事のひとつになるのが、学校や病院、福祉施設などにおける調理です。

これらの職場では一度に大量の調理を行うため、家庭などで数人分の食事を作るのとはまったく勝手が異なります。

早番の場合、朝は早朝5時には現場に入ります。

現場に入る前には、その日の朝の献立を前の日に確認して、段取りをイメージしておくようにしていました。

食事の提供時間は決まっているため、1分の遅れも許されません。

現場での調理作業、盛り付け作業は常に時間に追われる中で行うことになります。

大抵調理する人、と盛り付けする人など役割はシフトによって決まっています。

とはいえ、自分の仕事が早く出来たら他の人にヘルプに入るなどチームワークやコミュニケーションが必要です。

また、長時間の立ち仕事となるので、体力も必要になります。

栄養士の資格を取得できる短大偏差値ランキング栄養士の資格取得できる短大偏差値ランキング!短期大学の入試難易度をチェックしよう。関東・関西・東北・中部・九州。...

栄養士と調理師、役割の違い

栄養士と調理師の役割の違い

調理師と栄養士の役割の違いは、勤務する職場や立場によって大きく異なります。

基本的に栄養士は栄養計算、献立作成、食材発注などの事務作業と厨房での調理の両方をこなします。

調理師は福祉施設や病院等の現場では栄養士が立てた献立通りに調理作業を進めていくのが、主な仕事になります。

ですが、調理師でもマネージャーなどやチーフなど上の立場に立っていたりする場合は、栄養士が不在の場合(育児休暇やヘルプや異動など何らかの理由)は本来、栄養士の仕事の発注作業や検品、事務作業などを調理師がすることもあるのが現実です。

調理師より栄養士をお薦めする理由

調理師より栄養士をオススメする理由

私は給食調理師として給食委託会社で契約社員として現場で働いていました。栄養士の方ともよく連携を取っていました。

そんな私が調理師より栄養士をおすすめする理由は2つあります。以下2つ。

栄養士から調理師の資格は取れるが、調理師から栄養士のルートは厳しい。

福祉施設の現場では栄養士の方が立場や給料が上の場合がほとんどです。

栄養士から調理師ルートのほうが取りやすい

まずの理由は、実際私は福祉施設で2年経験を積み、調理師の受験資格を得て調理師試験を受けて調理師を取得しました。

私は福祉施設の現場で働き始めてから栄養士の資格が無ければ献立を作れない事や、発注作業等の事務ができない事を知りました。

そこで、栄養士の資格を取得しようと思いました。

しかし、栄養士の資格を得るには短大や専門学校などに2年通わないといけないことを知り、経済的問題と年齢的な問題から栄養士を諦めました。

もし、これが逆だったら。栄養士から調理師であれば、もっと容易だったでしょう。

ただし、例外はあります。ホテルや旅館、また飲食店などで調理がしたいなど、明確に目的や目標が定まっている場合は、調理師の資格があれば十分なので栄養士を取る必要はないです。

しかし、将来福祉施設で調理や献立を作りたいと思っているなら、栄養士の資格をまず優先して取るべきでしょう。

栄養士のほうが給料が高い

次にの理由は基本的に福祉の現場では栄養士の方が責任者やマネージャーなど上の立場に立って調理や盛り付けの指導や、献立などをしていることがほとんどです。

給料や待遇も福祉の現場では栄養士の方が高くなっている現実があります。また正社員にもなりやすい傾向があるでしょう。

栄養士と調理師、両方取得するメリット・デメリット

栄養士と調理師の両方取得するメリット・デメリット

メリット

調理師と栄養士両方取得した場合のメリットは、病院や老人ホーム、保育園などでは栄養士が調理指導や盛り付けの指導などをする場合があります。

なので、調理師や調理員さんに指導する場合、栄養士だけではなく調理師の資格を持っていると一定の調理経験の証明になりますので、より指導しやすくなるでしょう。

あとは福祉施設で働いたけど、やっぱりホテルや旅館、飲食店で働きたい場合などは栄養士より調理師が求められるので、進路変更が効きやすいでしょう。

デメリット

デメリットはまず時間と労力がかかるでしょう。栄養士の取得は短大、専門学校の昼間 課程で2年かかります。

調理師は専門学校に通うと1年で取れますが、国家試験を受けて取得する場合は2年実務経験が必要になります。

また経済的にも相当な負担がかかります。

まとめ

私的にははっきり言って両方取る必要性は少ないと思います。なので学生の早いうちから自分の目的を明確にして調理師か栄養士、自分にはどちらの資格が必要なのか、よく考えて最短の道を進むべきだと思います。

調理師と栄養士を両方取得できる学校一覧。ダブルライセンスを目指そう!栄養士と調理師の両方ダブルライセンスを取得できる学校一覧。最短で栄養士資格と調理師免許の両方取得するには?ギモンを解決!...
管理栄養士の資格を取得できる大学の偏差値ランキング管理栄養士の資格を取得できる大学の偏差値ランキング。管理栄養士の受験資格を取得しよう!...