本文へスキップ

管理栄養士・栄養士の資格取得できる大学・短大の偏差値と専門学校。栄養士になるには?

【新潟】管理栄養士・栄養士の資格を取得できる大学・短大・専門学校


新潟県にある管理栄養士・栄養士の国家資格を取得できる大学・短大・専門学校一覧です。


管理栄養士

管理栄養士は大学等で受験資格を取得後、国家試験を受験して合格すると取得できます。

学校 住所
新潟医療福祉大学
健康科学部健康栄養学科
新潟市北区島見町1398 
025-257-4455
新潟県立大学
人間生活学部健康栄養学科
新潟市東区海老ヶ瀬471
025-270-1300
北里大学保健衛生専門学院 
栄養専門課程管理栄養科
南魚沼市黒田新田500 
025-779-4511
北陸食育フードカレッジ
管理栄養士学科 
長岡市福住1-5-25 
0253-32-0280 

栄養士

栄養士の資格は学校を卒業と同時に取得できます。栄養士の資格取得後に実務経験を積むことで管理栄養士の受験資格を取得できます。

学校 住所
悠久山栄養調理専門学校 
栄養専門課程栄養士科
長岡市中沢4-403-1 
0258-32-7696
国際調理製菓専門学校
栄養士学科 
新潟市中央区古町通3-560
025-210-8805

⇒栄養士になれる短大偏差値ランキング



栄養士の豆知識

高齢者福祉施設で働く栄養士の仕事

栄養士の豆知識を解説する管理栄養士の女性

高齢者が増えている現代、高齢者福祉施設で働く栄養士の仕事が増えています。では、どんな仕事かいくつかあげていきましょう。

まず、高齢者は、さまざまな病気をかかえていたり、嚥下状態もいろいろです。その為うまく咀嚼できなかったり、薬などの関係で食べてはいけないものなどがあります。

個別の対応がとでも重要です。問題のない人は、常食でも良いし、嚥下がうまく出来ない人にはとろみをつけたり、流動食や刻み食などさまざまな対応が必要です。

また、高齢者は、たくさん食べれない人も多いので、少ない量でも適切な栄養が取れるよう献立の工夫も必要になってきます。

食事をきちんととることにより栄養状態も良くなり自立支援にもつながります。介護スタッフらと協力して健康をサポートする大事なお仕事になります。


管理栄養士の大学偏差値ランキング