本文へスキップ

管理栄養士・栄養士の資格取得できる大学・短大の偏差値と専門学校。栄養士になるには?

【岩手】管理栄養士・栄養士の資格を取得できる大学・短大・専門学校


岩手県にある管理栄養士・栄養士の国家資格を取得できる大学・短大・専門学校一覧です。


管理栄養士

管理栄養士は大学等で受験資格を取得後、国家試験を受験して合格すると取得できます。

学校 住所
盛岡大学
栄養科学部栄養科学科
岩手郡滝沢村字砂込808
019-688-5555

栄養士

栄養士の資格は学校を卒業と同時に取得できます。栄養士の資格取得後に実務経験を積むことで管理栄養士の受験資格を取得できます。

学校 住所
岩手県立大学盛岡短期大学部 
生活科学科食物栄養学専攻
岩手郡滝沢村滝沢字巣子152-52 
019-694-2000
修紅短期大学
食物栄養学科
一関市萩荘字竹際49-1 
0191-24-2211

⇒栄養士になれる短大偏差値ランキング



栄養士の豆知識

栄養士になるための調理実習の際の身だしなみのポイント

栄養士の豆知識を解説する管理栄養士の女性

栄養士の学校に進学すると調理実習がたくさんあります。高校の調理実習では三角巾にエプロン姿でおこなうのですが栄養士の学校は違います。

帽子に白衣を着て、衛生面にはかなり厳しいです。

栄養士になるための調理実習の過程で、身だしなみは大きなポイントとなります。

栄養士という仕事柄、人に料理を食べて貰う事が基本となります。そのため、頭から足先まで注意を払う必要があります。

爪に関しましては、ネイルなどは万が一食材にネイルの溶剤が溶け出したり、破片が混入する恐れがあるため禁止です。

また、服装は汚れが付着しても洗濯や繊維が抜け落ちない素材の衣類を身に着けると良いです。

また、髪型ですが女性であれば髪を結んで調理すると料理に髪の毛が混入する可能性が減ります。髪は染めても良いですが赤や緑などの奇抜な髪色は印象が悪いため避けるべき。

身だしなみをきちんと整えてこそ、良い料理が提供できるのです。


管理栄養士の大学偏差値ランキング