本文へスキップ

管理栄養士・栄養士の資格取得できる大学・短大の偏差値と専門学校。栄養士になるには?

【群馬】管理栄養士・栄養士の資格を取得できる大学・短大・専門学校


群馬県にある管理栄養士・栄養士の国家資格を取得できる大学・短大・専門学校一覧です。


管理栄養士

管理栄養士は大学等で受験資格を取得後、国家試験を受験して合格すると取得できます。

学校 住所
高崎健康福祉大学 
健康福祉学部健康栄養学科 
高崎市中大類町37-1 
027-352-1290 
桐生大学
医療保健学部栄養学科
群馬県みどり市笠懸町阿左美606-7
0277-76-2400
東洋大学
食環境科学部健康栄養学科
邑楽郡板倉町泉野1-1-1
0276-82-9110

栄養士

栄養士の資格は学校を卒業と同時に取得できます。栄養士の資格取得後に実務経験を積むことで管理栄養士の受験資格を取得できます。

学校 住所
明和学園短期大学
生活学科栄養専攻
前橋市昭和町3-7-27
027-231-8286
桐生大学短期大学部
生活科学科栄養士課程
みどり市笠懸村阿左美606-7 
0277-76-2400
東日本栄養医薬専門学校
栄養士学科
前橋市小屋原町1098-1 
027-266-3300

⇒栄養士になれる短大偏差値ランキング



栄養士の豆知識

三大栄養素

栄養士の豆知識を解説する管理栄養士の女性

食事はバランスが大切だと言われていますが、特に三大栄養素と呼ばれている炭水化物、脂質、タンパク質の摂取が大事とされています。

この三大栄養素が不足してしまうと健康に影響を及ぼしてしまう可能性が高くなってきます。

炭水化物は身体の中で糖になりますが、この糖が脳に必要な栄養素となるため、不足してしまうと集中力が持続しづらくなったり、イライラしやすくなってしまいます。

タンパク質は身体の中でアミノ酸に分解されて、髪や爪、筋肉などの成分となります。身体で生成されない必須アミノ酸もあるので、食事から摂取しなければなりません。

脂質は身体に必要ない成分と考える方もいますが、脳の栄養素であるのと、ビタミンを運ぶ働きがあるため欠かせない成分となります。


管理栄養士の大学偏差値ランキング